今日も山鳥猟だ!

27日の出猟、雪は無く暖かい日だ。行きたい場所が沢山ありすぎても体は一つ、時間も限られてる。猟場へ一目散、暖地育ちの私は標高600mくらいの山間地のアスファルトの道路を飛ばす、カーブもいつもの通りに曲がるがスピン、見た目には凍結してないと思って下りて確認すると北向きの道路はカチンカチン、スタッドレスの空気を少なく入れていたから大事にはならなかったがカーブのハンドル切ったらそのまま対向車線越えて滑る、対向車が居なかったから幸いだ。肝に銘じて安全運転。
川沿いの道路を下って目的の猟場へ行く途中、私の車の音でだろうと思うが右の笹薮からコジュケイが群鳥で10羽位左の藪の中へ飛ぶ、急いで車を脇へ止め、愛犬を下ろし、銃を手に藪へ走るがポイントしない、臭いはある、諦めて目的地へ。
1ラウンド目 あわてる何とかは貰いガ少ない、のか回るところに残臭が少ないし出会いが無い、前回の出た場所も臭いが無い。伐採作業も終わってる。でも回る。居そうな茂みに居ない。愛犬もよく捜索に回る。見えるところだ。上りがきつくなって休憩しながら上る、愛犬が帰ってこない?カーブで愛犬が見えない、きついけど走る、ポイントしてる、林道の側の笹薮、ここから前回コジュケイが出た、ポジションを決める、ヨシの号令、突っ込む、出ない、えっ? 笹薮の中をあっちこっち愛犬が回ってる、コジュケイが右へ出た、撃てない、左へまた出た、これも撃てない、コジュケイ独特の目回し術か?単なるヘボハンターか?発砲なし。残念。急いで下る、下って車の所まで行き、愛犬を乗せ次回の場所を確認へ林道を車で登ると先ほどの場所でコジュケイが木に止まってるのが見える、そ~と銃を出し、15m位の据え撃ち、わざとに半矢にして直ぐに愛犬を誘導、咬ませる。少し足が痛くなる、持って来いでも持ってこない、4時過ぎて時間が無いのでそのまま車で上る、愛犬はコジュケイを咥えたまま車の後ろを付いてくるのがバックミラーで分かる。あと少しで行き止まりの場所へ差し掛かったら突然目の前の道路右の小さい笹の中からからじゃれ付くような2羽の山鳥が回転しながら左へ道路を横切り杉の中へ着いた、着いた場所まで20m位。急いで銃を取り走る、愛犬も走る、杉林へ愛犬が入って臭いを取ったとたんに開けた明るいほうへオス山鳥がガタガタと飛ぶ、左の杉の中からは見えない音は近いが作戦を誤った。後で先輩猟友に聞いたらもう山鳥もサカリが来てるのだろうと!でもまた残念。でも愛犬もよく捜索するようになったのが収穫だ。
d0096099_15551223.jpg

道路の右も左も平坦地にこの程度の笹、水場は左の杉の中、人は来ないし、人家も無い、盆地のような場所、又来る時は山鳥さん勝負じゃ~~
[PR]
by y-remin | 2010-01-31 16:05 | 単独猟初心者日記


<< 昔のAPなのだ! 猟場も雪が沢山だ!! >>