カルガモ3羽居る!

今年初めての投稿です、皆さん遅いおめでとうございます。
早速、毎日通る堤防の道路に頭を羽に乗せて仮眠中? 満潮の時刻、撮影のために車を止めたら泳いで離れていった、これはカルガモ、大きいオスが1羽と2羽のメスかな?プレチャージ空気銃で十分獲れる距離だけど、回収は難しい、潮が引き始めると潮に乗って海へと行くのだ、途中で拾えば良いと思うのは地元以外の人、葦の根元はまだしも、潟の上に乗って回収は出来ない、体重の重たい私には底なし沼と同じ。橋の上から釣竿で釣るか・レトリーバーで回収するか、船を出すか!鴨は居るけど回収を思うと手が出ないのがこちらの鴨猟なのだ・車の下は水門で淡水のクリークから海へ水位調整をする小さなクリークの水門だ、こんな水門が沢山あるのだ。
d0096099_2124538.jpg

この本流の岸にも沢山のカルガモが居たがごらんのとおり対岸は工場、散弾銃でも撃てないから、沢山居るのだ。鴨さんも賢いのだ。でも寒くなってきたから脂肪が乗って美味しいだろうな!!
[PR]
by y-remin | 2012-01-09 21:09 | 単独猟初心者日記


<< 現教習指導員及び教習指導員内定... 年末の中掃除だ >>