ミニ・ベンチレストなのだ

狩猟も終わり、でも何か銃に関することをやっていないと落ち着かないしストレスも溜まる、そこで考えたのが①安上がりで(自宅射撃場だから電気代と灯油代位かな!もちろん許可済の射撃場だ)②近く(自宅だからこれ以上近い事はない) ③短時間で出来る(銃がハンドライフルだから、準備も数秒だ)
d0096099_17078.jpg
d0096099_1703825.jpg
d0096099_171078.jpg
まず左の標的へ5発以前から使ってるバラクーダの4,5mm狩猟用だ、よく纏まる、そのままのサイテイングで右の標的へ5発同じくバラクーダの4,5mm新製品ハンター・ホローポイント、以前から4,5mmのホロウポイントが欲しかった、5,5mmにはホロウポイントはあったが4,5mmには無かった。比較すると以前の弾の先に穴を開けただけのように見えるが、切れが良い、10mの依託射撃、実猟で使うのは年末だな!銃はハンドライフルに焦点距離50cm(接眼レンズから50cmで綺麗に見えるから銃口部分に取り付ける。)APを止めたから暫くはこれで遊ぼう、気が向いたらAPの申請もすれば良い!!とにかくこの新製品の弾は良いと思った、弾速までは測らなかったが・・・。ライフルでもホロウポイントが弾道性能は良いからエアも同じかな!! 300m、100mの距離での大口径によるベンチレストも楽しいがミニサイズのベンチレスト競技も10mですればメリットが大きい、醍醐味は少ないが安近短を実行できる、理屈は同じだから300mの縮小版と思って取り組めば真剣さは変わらない!ハンドライフルの有効利用だ、もちろんハンドライフルの本来の練習も欠かさないのだ!
[PR]
by y-remin | 2013-02-18 17:19 | ライフル射撃


<< 良く当たるのだ! 週1回の山歩きだ~~ >>