<   2010年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今日も山鳥猟だ!

27日の出猟、雪は無く暖かい日だ。行きたい場所が沢山ありすぎても体は一つ、時間も限られてる。猟場へ一目散、暖地育ちの私は標高600mくらいの山間地のアスファルトの道路を飛ばす、カーブもいつもの通りに曲がるがスピン、見た目には凍結してないと思って下りて確認すると北向きの道路はカチンカチン、スタッドレスの空気を少なく入れていたから大事にはならなかったがカーブのハンドル切ったらそのまま対向車線越えて滑る、対向車が居なかったから幸いだ。肝に銘じて安全運転。
川沿いの道路を下って目的の猟場へ行く途中、私の車の音でだろうと思うが右の笹薮からコジュケイが群鳥で10羽位左の藪の中へ飛ぶ、急いで車を脇へ止め、愛犬を下ろし、銃を手に藪へ走るがポイントしない、臭いはある、諦めて目的地へ。
1ラウンド目 あわてる何とかは貰いガ少ない、のか回るところに残臭が少ないし出会いが無い、前回の出た場所も臭いが無い。伐採作業も終わってる。でも回る。居そうな茂みに居ない。愛犬もよく捜索に回る。見えるところだ。上りがきつくなって休憩しながら上る、愛犬が帰ってこない?カーブで愛犬が見えない、きついけど走る、ポイントしてる、林道の側の笹薮、ここから前回コジュケイが出た、ポジションを決める、ヨシの号令、突っ込む、出ない、えっ? 笹薮の中をあっちこっち愛犬が回ってる、コジュケイが右へ出た、撃てない、左へまた出た、これも撃てない、コジュケイ独特の目回し術か?単なるヘボハンターか?発砲なし。残念。急いで下る、下って車の所まで行き、愛犬を乗せ次回の場所を確認へ林道を車で登ると先ほどの場所でコジュケイが木に止まってるのが見える、そ~と銃を出し、15m位の据え撃ち、わざとに半矢にして直ぐに愛犬を誘導、咬ませる。少し足が痛くなる、持って来いでも持ってこない、4時過ぎて時間が無いのでそのまま車で上る、愛犬はコジュケイを咥えたまま車の後ろを付いてくるのがバックミラーで分かる。あと少しで行き止まりの場所へ差し掛かったら突然目の前の道路右の小さい笹の中からからじゃれ付くような2羽の山鳥が回転しながら左へ道路を横切り杉の中へ着いた、着いた場所まで20m位。急いで銃を取り走る、愛犬も走る、杉林へ愛犬が入って臭いを取ったとたんに開けた明るいほうへオス山鳥がガタガタと飛ぶ、左の杉の中からは見えない音は近いが作戦を誤った。後で先輩猟友に聞いたらもう山鳥もサカリが来てるのだろうと!でもまた残念。でも愛犬もよく捜索するようになったのが収穫だ。
d0096099_15551223.jpg

道路の右も左も平坦地にこの程度の笹、水場は左の杉の中、人は来ないし、人家も無い、盆地のような場所、又来る時は山鳥さん勝負じゃ~~
[PR]
by y-remin | 2010-01-31 16:05 | 単独猟初心者日記

猟場も雪が沢山だ!!

d0096099_14115645.jpg

これは先週14日の山鳥猟の画像です、いつもはこの右からオス山鳥が出るのです、右から攻めれば杉の間を右に逃げる、上から攻めれば下へ逃げられる、いたちごっこが3年ほど続いてる。雪はべた雪、ズボンに付着して取れない、そのうちに解けて地下足袋の中に染み込んで冷たい、山鳥が出ればヘッチャラだけど、今日は足が冷たい。
私は山鳥猟に凝ってるのは何時、どこから出るか分からない緊張感が猟場に着いて帰るまで続く、山はきついけど居場所の予想が当ると感激だ、山奥だから人家が無い、山仕事の人も少ない、当らなくてもオス山鳥の飛ぶ全身の美しさがなんともいえない。
今日は予想が全てはずれ、残臭も羽音も無い一日だった、明日が等圧線が緩むから明日が狙い目だったのだ。疲れもおおきいな~~。
[PR]
by y-remin | 2010-01-21 14:22 | 単独猟初心者日記

修理完了

昨年サイト合わせ中にホーワ300自動銃が故障した、取り説を見ながら組み立てて試射するが連発が出来ないし、部品の一部が脱落したりできちんと収まらない。限界を感じて修理依頼をして戻ってきた。
d0096099_14133836.jpg

これが収まらないしいつも脱落する部品だ、薬莢を掻き出す爪の一部と薬室閉鎖に関係ある部品だ。これらの部品と遊逞を交換、内部は新品のようになり試射も新銃を撃ってるようだったし連発の回転もスムーズだった。これでヨシ、後は獲物に向かって撃つだけだけど出会いがあるかどうか?
d0096099_14175886.jpg

こういう状態で爪は遊逞からはみ出すし、スプリングの頭も見えてる。
d0096099_1420921.jpg


銃がこんなにして到着すると新銃を買ったみたいで愛着が増すのだ。何回も組んだりばらしたりしたので詳しくなったが専用の道具が無いのでにわかガンスミスで終わった。
[PR]
by y-remin | 2010-01-06 14:24 | はてな?

新年も調子は上向き!

新年のAPの練習だ~~、昨年肩の痛みも無くなって、気になっていたAPの重量とバランスを以前のLP1の感じにバランサーで調整してみた。
d0096099_14331558.jpg

前にバランサーを付けたら上への飛びが少なくなった、おまけに全体の重量も100g位の増加になった。これで重たくなった分疲れが早く出るかな?と予想ははずれて違和感無くゆったりした感覚で撃てる。
d0096099_14364198.jpg

ここには40gの鉛、撃ち終わったペレットを溶かして作った。新年初の採点射撃は92-93-92-  お~~これは!!  89-89-93=548  555点まで到達かと瞬間思ったのだ。早く段級審査を受けないと点数が逃げる気がする。弾はRWS R104,5mmAP用。
[PR]
by y-remin | 2010-01-05 14:44 | ライフル射撃

元旦出猟!

これは福岡県側の雪の状態、今年は積雪が少ない、温暖な地域に育った私は寒いのは苦手。今猟期3回目の出猟だ。
d0096099_14452483.jpg

トンネルを通過したら其処は雪国だった!積雪がかなり、でも車は行ける。スタッドレスの155-60
d0096099_14475521.jpg

今日も正月は車が居ないから30分短縮で目的地付近まで到着。元旦は鳥も人や車が山に入らないので油断してる感じだ。山間部が根雪になってるので餌場を変えてると推測。
第1ラウンド 午前10時、昨年3羽の山鳥が出た茶畑の周辺を回ると山鳥の足跡が雪の上に残ってる、新しいが残臭は無いし出なかった、でもコジュケイの数羽が茶の木の根元で餌をあさってる痕跡から愛犬が臭線に乗る、下草が茂る私が入って行けない場所からコジュケイが1羽ブルツと飛ぶが撃てない。ここから歩いて居そうな場所を探すが足跡もなし、例年の猪の足跡も無い?時間帯が合わなかったのだ。
第2ラウンド オス山鳥の足跡発見、愛犬で捜索するも出ないが、愛犬が上って入った右方向からオス、雌2羽の羽音が、杉の中に間に合わない!!
d0096099_14592178.jpg

d0096099_14595556.jpg

この右奥から2羽右方向へ飛んだ、見えない。これで足が冷えたので昼食だ。
第3ラウンド  いつも3羽出ていた場所がこの2年ほど出ない、なぜか?それは道路の左だが右の山は攻めた事が無い、今日は雪があるので南向きの雪の解けそうな、地面が露出しそうなポイントを攻める、予想は大当たり!道路から入り込んで10歩位歩いたかな?突然右方向へゴトゴト、近いオスだ杉の中で見えない、愛犬はまだ出た場所までは到着してない、ちょっとした下草がある小さなくぼ地、其処から出たと判断、犬が到着、回る、又右方向へゴトゴト 近い10m位、又オスだ、1発 即死、犬はまだ回ってる、弾を補充しながらくぼ地へ近ずく、ゴトゴトまたオスだ左上へ飛ぶ、近い、見えた、杉の陰に入った、次に見えた所を撃つつもりが見えない、オスが3羽も出たのは生れて初めてだ、私も興奮、犬も興奮! 犬に咬ませる、久しぶりの収穫だから写真を撮るのを忘れて思う存分咬ませた。咥えてどこかへ持っていった、ま~いいか、雪の上の足跡を見ればどこに置いたかが分かるからと思い、暫くしてモッテコイを連発したら咥えて私の足元まで運んできたが長いしっぽはなくなっていた、良く褒めてやったら口から離して置いた。モッテコイの訓練の成果か?
d0096099_15202461.jpg

3羽出た場所はこの場所だ、雑草の根元を掘り起こして食事中だったらしい、山の上方向から降りてきての食事、下方向の沢までには足跡は無かった。早速左の追い返し!山鳥の追い返しは難しかった。この斜面に続く南向きの斜面へ移動、コジュケイの足跡が数箇所、5年位前にコジュケイが群鳥で出た場所に近い、臭線に乗り捜索、愛犬の動きが良くなった、咬ませれば咬ませるほど良くなると先輩から教えてもらったが本当だ。この南向きの斜面は耕作放棄の場所だ、ツルが絡まって犬の後を行けない、そのうち犬の動きが止まった、今日はマーカーを付けてる。犬が動かないとポイントだ。マーカーが連続音だ。途端突っ込んだ、一斉に鳥が飛び立つ羽音がブワ~と下方向に聞こえた、10羽以上と思われる音だ、間違いなく1箇所に集めてのポイントだ。でも見えないから撃てなかった。今日はもうかなり歩いてるがアドレナリンが多く排出されてるからかきつくない!
第4ラウンド 前回見つけた場所で山鳥が2羽、コジュケイが出た場所へ移動、地元の人と会って話を聞く、山鳥は多いと、山を挟んで両方の集落には鉄砲撃つ人間が居ないので猪が増えて困る、鹿も居るよ!犬を下ろしたら直ぐに細長い笹薮方向へ走る、私も弾を入れながら走る、戻る、又走る、コジュケイかな? ポイントしない、ヨシを連発、ヨシは突っ込めの合図だ。出た右方向へ2羽並んで、ちょっと間をおいて、あわてない、右のコジュケイを1発、山の斜面の見える場所へ落ちた。もう1羽は笹薮へ戻った。早速回収、探せ探せを連発、コジュケイへ誘導、探せ探せ、臭いで咥えた、これも満足するまで咥えさせた、心中は早く追い返ししたいが!!今度は携帯でパチリ。
d0096099_15415137.jpg

早速追い返し、また笹薮の中、中がかなり広いし動きやすい、1羽出たが遠い、もう1羽出たこれも撃てない。この笹薮の後ろから前回2羽の山鳥が出たのだ、山すそでこれだけ大騒ぎをしたので山鳥も出ないと思い山へ入れる、残臭を追い始めて愛犬が登る、私もいつも撃てる状態、伐採の後に小さなシダの茂み数箇所、その中の一つ、上のほうのシダの茂みに犬が近ずいた、シダの上のほうからガタガタ、黒っぽいオスだ、山ノ上を横切ってる、遠いかな?左上へ1発、手ごたえ無し失中!でも今日は大満足だ。一昨年も山鳥のオスが獲れた、昨年の元旦もオス山鳥を据え撃ち状態だったが銃の故障で残念だったが今年は取れた、元旦は縁起が良いのだが家の用事はホッタラかし。
[PR]
by y-remin | 2010-01-04 16:09 | 単独猟初心者日記