サイト合わせ!!

以前改造していたレミントン870-12番の銃身にアルゴン溶接で照星と照門をくっつけた銃身を試射したのだ、距離は30mで標的はSBの7文銭だ。まず上の画像は真ん中の3的を狙って撃ったら4的に当たった、2発目も4的だったから2発で止めて(大笑)、家に帰ってフロントサイトをグラインダーと金ヤスリで3mm位切り取った。左に行くので金槌で照星を左に叩いた。
リアサイトも門が狭かったのでヤスリで削って広げた。前後のサイトの写真は取ってないけど後で撮るか!!!
d0096099_21154336.jpg

d0096099_2117210.jpg

下の画像は調整後の試射で3発とも的の中だったから3発で切り上げた。ま~こんなもんだろう、スラッグだから近距離用と思う。
d0096099_11374333.jpg

d0096099_1138490.jpg

グラインダーで削った照星余り上手に削れなかった、照門アルゴン溶接がはみ出てる。(知り合いの鉄工所に行ってちょっとくっつけてと言ったら、ちゃんと磨いてくっつけないと仕上がりが悪いと言われたけど、いいからいいからとこの結果)
次は30ワイルドウルフ 30m ダットサイト 110グレイン ホロウポイント
弾倉は分解して掃除して油を塗って動きをチェックした、スプリングはへたって無かった、掃除してなかったから油とごみが固まっていた。動きは新品ではないがスムーズだ!!
d0096099_21244289.jpg

これも3発だがこんなもんだろう、近距離勝負じゃ~~!!!
次はレミントン7600スライド銃308Win 30m ホローポイント 180グレイン 
d0096099_21282952.jpg

1発目は初弾で上に行ったが後はマトマッタので4発でOK
次は同じ銃での155グレイン ホローポイント をレミントン7600で撃つ
d0096099_21305464.jpg

2発センター近くだからOK
次はおなじレミントン7600で 100m に距離を伸ばす、155グレインの画像
d0096099_21324984.jpg

これだけ当たればOK、納得!!!
私は狩猟のサイト合わせは多くて5~6発、狩猟銃だから沢山撃って納得するものでは無いと思ってる(銃身は肉厚が薄いから焼けてしまって弾着の原因が判断しにくくなる)。3発もセンター近くに行けば、後は山の神さんの思し召し。
ということで、50m前後の猟場へ行く時は30ワイルドウルフに決定。
100m前後の猟場にはレミントン7600-155グレインに決定(この弾頭はG銃砲店で買った、宣伝してるのかな??)
鳥猟の時はレミントン870 にスラッグ持参に決定。
もう一つ試射したかった銃があった(ウインチェスター308バーミント)が時間が無かったので、次回にしよう。
でも今日も楽しかった、あっ忘れてた、コンドル(FA社から買った)も持っていってた、これもセンターが取れたので5発くらいでOKだった。コンドルは有害駆除のカラス専用銃だ。カラスさんごめんなさい。
これがコンドル5.5mm  30m 180気圧充填、 弾はバラクーダ 5.51mm がマッチしてる。スコープ調整で上から下へ、センターが取れてOK。
d0096099_21503914.jpg

d0096099_10514996.jpg

これがコンドル、銃身に付けてるのはビーム、薄暗い時に使う。
サイト合わせをやっていても自然が相手ではサイト合わせ通りにならない、其処に又また楽しい物語が生まれる。楽しいアウトドアだ!!!
[PR]
by y-remin | 2007-11-06 22:08 | 単独猟初心者日記


<< 鉄砲小屋ー続き 22Hornet⑤ >>